髪を乾かす為で終わりにしない!ドライヤー選びの大切さ

他人の暇つぶし

ドライヤーのイメージって髪を乾かすことが第一印象であることは疑いのないことでしょう。中にはドライヤーを使用することによる髪の毛のダメージを心配して自然乾燥に多くを頼る方も少なくはないはずです。

髪の毛を乾かす為にドライヤーがあるのは、短髪の男性くらいで本来のドライヤーとしての実力を勘違いしている人もたくさんいると思います。

スポンサーリンク

ドライヤーを使用する方が頭皮には良い?

まず最初にドライヤーを使用することで頭皮に悪いと思っている方もいらっしゃいます。温風が頭に直接あたり、やり方によっては確かに頭皮に悪いかもしれません。

頭皮に近づけすぎて、火傷する人はいないと信じたいですが、いるかもしれません。

 

実は頭皮にはドライヤーの方が良い事実

自然乾燥だと頭皮や髪についた水分が中々乾かず、髪や頭皮に雑菌が付着する原因になります。本来、濡れた髪の毛や頭皮はすぐに乾かすことが大事なのです。

また自然乾燥だと頭皮に水分が残る状態が続き、結果として『冷えてくる=血行が悪くなる』といった悪循環を引き起こす。そしてフケやカユミの原因にもなります。

また髪の毛の成長を妨げることになり、濡れている状態だとキューティクルが剥がれやすい

そしてこれは人によってはどうでも良いことかもしれませんが、濡れた状態が続くことによって寝癖がつきやすいということにも繋がります。

髪の毛や頭皮は直ぐに乾かすことがまず基本的な事項です

ドライヤーの選び方と使い方

次に今回の本題になります。乾かすだけだとドライヤーとしての実力の半分でしょう。髪の毛は取り替えが利かない大切な体の一部であります。

年齢を重ねるにつれて髪の毛のハリやコシといった部分も弱ってくるのは仕方はないとしても、どれだけ下降線をなだらかにすること。

これを助ける一つの要素としてドライヤーの役目でもあります。

 

ドライヤーの前にすること

あなたがプロではないことを前提とします。ドライヤーの使い方をそこまでレクチャーしなくても大抵の人は間違った使い方をしてないとは思いますが、少しだけ触れます。

 

タオルドライ

水分がかなり残っている状態でドライヤーを使用すると長時間かかります。これは髪の毛に良くないことは周知の事実です。

まずはタオルドライをしましょう。ここではバサバサ拭かずに、水分を吸収するイメージでやれば特に問題ないです。

 

ドライヤーで髪がキレイになる

ドライヤーは髪の毛を乾かす道具ではないことは知ってますよね?でも中々、ドライヤーという髪の毛を乾かすことが目的だという先入観から、値段のするドライヤーを購入することがとても贅沢に感じます

しかし、ドライヤーであなたの大切な髪の毛が毎日ストレスなく綺麗に保てるのであれば贅沢品ではなく、もはや必需品ではないでしょうか?

考え方は人それぞれでしょうが、毎日の楽しみとしてはアリですよねー

 

まとめ

あくまでどのドライヤーがオススメかどうかは触れておりません。どの製品も多少の差はあれど、よほど変なメーカーに手を出さなければ大丈夫でしょう。

ドライヤーを選ぶということは、髪の毛を大切にする為のことであります。

ドライヤーで髪の毛のダメージを防ぐことを求める『綺麗な髪になる』
髪の毛の痛みは案外気になるもんです。髪への痛みを高める要素としてドライヤーは大きなウエイトを占めてい...

コメント