ドライヤーで髪の毛のダメージを防ぐことを求める『綺麗な髪になる』

他人の暇つぶし

髪の毛の痛みは案外気になるもんです。髪への痛みを高める要素としてドライヤーは大きなウエイトを占めているでしょう。

ドラーヤーはピンキリ感があり安価なドライヤーでも、一応髪の毛を乾かすというドライヤーとしての大きな役目を果たす頃は可能です。

しかし、風呂上がりにそこそこ長い時間ドライヤーを当てることは髪へのダメージを早めている結果になり、1回・2回でどうにかなるもんでもないですが、長い年月蓄積された髪へのふダメージは将来のあなたの髪に影響してきます。

スポンサーリンク

綺麗な髪になるドライヤー

これまでの一般的なドライヤーは、使うたびに「熱で髪が傷む」、「髪が乾燥してパサつく」、 「ツヤがなくなる」など様々な問題が起きました。

そもそも昔ドライヤーを発明した人は恐らく、髪が痛むや乾燥するなんてこと考えもしてないでしょうし、どうやったら早く髪の毛を乾かすことが出来るのか?を考えていたでしょう。

 

ドライヤーに求めることが変わる

ドライヤーに求めていることが、すでに変わってきている現在では、「髪が痛む・乾燥する」というユーザーからの不満を解消すべく常に考えて商品開発に臨んでいるでしょう。

 

そんな中おススメできるドラーヤーとして

ヘアビューザー® エクセレミアム 2D Plus プロフェッショナルは、リュミエリーナの独自技術 「バイオプログラミング®」により、これまでの常識では考えられなかった効果が。 使うほど、髪は艶・潤い・ハリ・コシ・しなやかさを取り戻し、美しい髪に変化していきます。

 

ドライヤーで髪が綺麗になれば世話ない!

まぁ一般的な考え方として、そもそもドライヤー自体が髪の毛を傷めるという認識は今も昔も変わらないと思います。

認識 = 思い込みになってませんか?

綺麗になるということに対して、想像以上の効果を求めてしまう。そもそもが熱風による痛みを仕方ないとしてドライヤーを使用している方だと、よほどの見た目の変化を感じなければ、綺麗になったと思うことは難しいかもしれません。

 

髪の毛が痛むのも時間経過・綺麗になるのも時間経過

結局は、1回・2回でどうにかなるもんではないのです。髪の毛が綺麗になるということも個人差があるでしょう。

しかし、毎日使う必需品と一生大切にしたい髪の毛だからこそ、日々のケアが大切なのは間違いことです。

まとめ

ドライヤーに求めることは人それぞれ違います。男性でも短髪か長髪(普通に長めも含め)によって異なるでしょう。

女性であればドライヤーを使用している時間を考えると日々髪の毛を傷めている事実を見逃すわけには行けません。

髪の毛が綺麗になるドラーヤーというキャッチコピーには多少大げさな感じは受けますが、あえて言うのであれば、髪の毛が痛むよりはマシだと思いますが如何でしょうかね。

髪を乾かす為で終わりにしない!ドライヤー選びの大切さ
ドライヤーのイメージって髪を乾かすことが第一印象であることは疑いのないことでしょう。中にはドライヤー...

コメント