布団のダニ防止すぐに出来る方法

他人の暇つぶし

人が一晩寝るとコップ1杯分の汗をかくと言われています。夏はわかりますが、真冬はどうなのでしょうか?

電気毛布を使っていたり、湯たんぽなどを使われている方もいらっしゃるでしょう。寝始めは温かくて気持ちのいいものですね。

しかし寝入ってしまうと案外暑くて知らないうちに寝汗をかなりかいていたという事もあります。又、女性の方はホルモンバランスの影響で寝汗をかきやすい時もある様です。

朝、湿った布団をそのままにして学校や会社に行ってしまうとどうなるのでしょう?毎日続けていればダニもわくし、カビも生えるでしょう。ではダニやカビが生えないようにはどんなことをしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

ダニは高温でないと死なない

近年、布団を天日干ししてもダニは死なないということがわかりました。ダニは50度の環境で20〜30分間置くことで死滅すると言われています。

天日干しでは50度になりません。乾燥させるという意味では良いと思いますが、ダニを死滅させるという意味では効果はないようです。

起きたらまずやること

布団から起きたら、まずは掛け布団や毛布をめくって足の方に置きます。身体にかかっていた面を外側にして、湿気がこもらないようにします。

足の方でクルッと裏返す感じです。こうすることによって敷き布団も空気に触れ、湿気がこもらなくなります。絶対にやて欲しくないのは、布団を綺麗に直した状態にしておく事です。

見た目は非常に良いのですが、湿気がこもったまま長時間放置することになり、湿った布団のまま、その日の夜も寝ることになってしまうのです。想像しただけでちょっと気持ち悪いですよね。

必ず布団乾燥機を使う

実は、我が家は夫婦二人だけの時は布団はたまに天日干しする程度で、ダニに刺されることもありませんでした。

その後子供が生まれ、同じ布団で寝ていると子供だけが翌朝発疹のような赤いプツプツが・・・かゆくは無かったようですが病院へ行くと、虫か何かにかまれた跡、と言われました。はじめは外遊びで虫にかまれたのかな?

なんて思っていましたが、寝る前は発疹は出てないのに、翌朝起きると必ず出ているんです。再び病院へ行くと「ダニ」にかまれている、と言われました。

ショックでした。

私たち夫婦は子供と同じ布団なのになんともなくて、子供だけが。子供の方がかまれやすいのかもしれませんが、かまれたのは下の子だけ。

上の子は私たち同様なんともなかったのです。でも不思議でした。毎日ではないけれど布団は干しているし、掃除機もかけている。

なのになぜ?そこでダニは高温でないと死滅しないというのを思い出しました。それからすぐに布団乾燥機を買ってきました。すると翌日からは見事にかまれなかったのです。恐るべし布団乾燥機です。

本当に死滅させようとしたら相当大変

布団乾燥機を使うと、使った面はとても高温になりダニが死滅するのはわかりますが、実はダニは高温の場所から布団の裏面に逃げ込んでいるそうなのです。

確かに裏面は生温いか常温程度です。ということは、裏面も布団乾燥機をやらなければ意味がないという事になりますね。

それを知った私は正直、これではどこにも外出している時間なんてない!と思いました。布団乾燥をするのに30分以上はかかります。

それを表と裏やってどころか、家族の分をやらなくてはいけないとなると・・・何時間?とても現実的ではないと思いました。

ならば、とにかく今は子供が寝ている布団だけでもやろうと頑張りましたが、もう一つ問題が。それは、布団乾燥機をかけた後に掃除機をかけないと、ダニの糞や死骸は残ったまま。それがアレルギーの原因にもなるようなのです。

かけ方もなるべくゆっくりとかける。これを両面やっていたらまた更に時間がかかり、これは到底無理と思いました。これでは丸一日布団の事で頭がいっぱいになってしまいそうです。

毎日でなくても大丈夫

結局行き着いた答えは、毎日は無理なので、布団乾燥機は2〜3日に1回、表面だけ。掃除機は毎日かけているので、そのついでにかける。

ゆっくりかけるのはイライラしてしまいそうだから、自分のいつものペースでかける。これでやってみました。なんと、これでもダニに噛まれることはありませんでした。

あとは、朝起きた時に、家族に「寝ている時暑かったか?」を聞くようにしました。もちろんほとんどの日が「わからない」の答えです。そうですよね。

熟睡していたら普通わからないと思います。わからないのが当たり前だけれど、もし「暑かった」と答えが返ってきたら、相当寝汗をかいている可能性が・・・。その場合は、その家族の分の布団をすぐに布団乾燥機にかけます。ジメジメした状態を少しでも早く乾かすだけで違うと思います。

まとめ

布団乾燥機は高いから買っていないという人もいると思いますが、ダニがわいたり、カビが生えたりして、布団を買い換えるほうが高くつきます。

場所もさほど取らずコンパクトになってきていますので是非購入をお勧めします。朝、ベランダまでわざわざ重い布団を干しに行くより遥かにラクです。

通勤、通学の1時間前に起きていれば、2枚は出来ます。1枚目は起きて早めにやり、2枚目は通勤、通学前にスイッチオンして出かければ良いのです。掃除機もできる時で大丈夫です。毎日やらなくても大丈夫です。日々の積み重ねでダニやカビのわかない布団で眠れるにこしたことはないですね。

コメント