Googleモバイルフレンドリーテストを確認しよう

Googleと向き合う

ブログを始めるまで、Googleを使うことがほとんどなかった僕ですが、かれこれ1ヶ月ちょいですかね?Googleに振り回されっぱなしです。Googleって本当にいろいろやってるんですね〜頭が下がりますよ。

スポンサーリンク

モバイルフレンドリーなんて知らなんだ!

要はスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するそうです。ブログ初心者は「毎日更新」とか、「3ヶ月神話」を当てにして、アクセスが全くない状態でも更新を続けているわけなんですが、まさかモバイルフレンドリーなんてシロモノで自分のサイトがスマホ対応しているのかをテスト出来るなんて知りませんでしたよ!

モバイルフレンドリーってなんて強引なネーミングなんでしょう。一見すごくひたし見やすいネーミングですが、その裏に潜む殿様商売的な感じが僕は大好きです。ソフトバンクなんかもそうですが(Googleに比べるとまだまだですけど)殿様商売が出来るようになると本当に強者の企業なんですね。

レスポンシブ ウェブ デザイン

ユーザーがパソコン、タブレット、スマホなどのいずれでアクセスする場合でも、画面サイズに応じて表示の調整のみを行うことだそうです。そういえばたまに見ますよね、スマホで見たとき何となく画面がずれてるとか、画面が動くなんてサイト。あういうのがレスポンシブ対応されていないと言うことなんでしょうかね。

「レスポンシブ」=違いに対応すること。よく僕たちも、レスポンスいいね〜とかなんとなく使っているんですが、まさかブログでも求められるなんて。

テーマ simplicity2でのレスポンシブ対応

毎回このテーマで説明してすいません。僕が使っているテーマ(今見てるサイトの感じですね)がsimplicity2なんです。

「外観」 → 「カスタマイズ」 → 「レイアウト(全体・リスト)」で「完全レスポンシブ表示を有効」にチェックを入れて保存。ここにチェックがないとテストしても、Googleからダメと判断されます。

 

モバイルフレンドリーテスト

下図のテキストボックス内にご自身のURLを入力してください。http//:は必要ないです。

スクリーンショット 2016-06-04 20.54.19

入力後、分析をクリックして1分くらい待ちます。

スクリーンショット 2016-06-04 21.26.12

 

これで終了です。

設定ミス・漏れでアクセスが減るのは損した気分

コンテンツ内容が乏しいとか、つまんない記事とかであれば、自分の実力が足りないで納得できますが、このようなブログをスタートしてからも色々な対応が必要とされ、設定しなと、優遇しないなら、もっと早く言ってよGoogleさん!そしてもう少しわかりやすくして欲しいと思っているのは僕だけでしょうか?

Googleナンチャラの設定は比較的簡単なんでまだヨシとするしかないですし、そのあたりの勉強や情報を逃さないのもブログを進めていく上で必要なスキルなんでしょうね。

コメント