子供のメガネは壊される!JINSメガネとZoffが安すぎて他に目が行かねー

家族の暇つぶし

子供が近視用メガネをかけていることも、最近で全く珍しくない。小学1年生、幼稚園くらいで、すでに近視用のメガネをしている子供もいる。

理由は子供それぞれあり、僕の子供は斜視という理由で、近視用のメガネをしていた。

ちなみに斜視がきついと、斜視用のメガネになるわけだが、こういったメガネは家計に優しいメガネメーカーを選ぶのはどうかと思う。

今回は、普通の子供がかける近視用のメガネのことです。

子供のメガネは壊れる・壊されるなんてことは当たり前だと、何本か壊し、壊されしていると、そういうものなんだと思えてくる。だからこそ家計に優しいメガネメーカーを選ぶ必要があるのです。

スポンサーリンク

子供用メガネをいくらで買うか?

メガネメーカーによって値段は違います。特にフレームなんかは、メガネの一流ブランドからよく判らないブランドまで、ピンキリです。

でも子供に一流メーカーのメガネフレームを買ってあげられるようなセレブな方は、そもそもここにたどり着いていないでしょう。

 

まぁ普通に街のメガネ屋さんから、チェーン店まで金額はまちまちです。

ちなみに僕が子供に買ったこれまでのメガネの本数は、4本+1本です。高い順にメガネ屋ベースで記載します。ちなみにフレーム+レンズ込み込みです。

 

  1. 近所のメガネ屋① ・メガネはスポーツメガネ 2万3千円(サッカーに必要)
  2. 近所のメガネ屋① ・小1の時 1万8千円(視力低下により)
  3. 近所のメガネ屋② ・小2の時 1万4千円(壊されたから買った)
  4. 近所のメガネ屋② ・小4の時 1万4千円(視力低下)
  5. JINSメガネ    ・小4の時 5千円(壊されたから買った)

 

とまぁスポーツメガネは除いたとしても小学4年間で計4本という、飽き性な人とか、メガネ収集が趣味な人のようなハイペースぶりでしょ?

そして、JINSメガネが安すぎるでしょ!

JIN’s オンラインショップ

壊れるか、視力低下

まず壊れたり、壊されなくても、子供の視力低下は不安定であり、視力が下がる子供はどんどん下がっていきます。そしてもう一つの原因である、壊す・壊される。

子供の不注意ということから、高い金出して買ったメガネがあっという間に破壊されるのです。後、小学1年生あたりだと、メガネを貸したりしてフレームが変形したりすることも多々あります。

 

視力低下は致し方ないでしょう。いっくらゲームやスマホをやらなくしても、意外と視力が回復するなんてことは、あまりないのです。やっぱり遺伝なのかなぁ

 

メガネ代の不思議

どうしてここまでの価格差が出るのか?

とまぁ詳しく調べたところで、高いメガネ買うか?安いメガネ買うかは変わらない。

強いて言えば、フレームの質感は違うとは思う。格安メガネ量販店さんのフレームは確かにちょっと質感は悪いとは思う。

一方で街の眼鏡屋さんの鉄板フレーズとして、レンズに関しては、「レンズを薄型にしないと」という理由で数千円必ずプラスしてくる。

 

JINSメガネとZoffメガネ

正直なところどっちが良いかは、わかりまへん。メガネも衣類と同じで、人それぞれ感覚が違いますからね。

デザイン性などは、たいした違いじゃないでしょう。

僕が今回伝えたいのは、そこじゃないですからね。

JINSメガネとZoffメガネは、壊れる確率と頻繁な視力低下による、子供のメガネ出費を抑える、かつレンズもちゃんとしているということから、オススメしたいのです。

 

JINSメガネで5400円(税込)

ちなみに今回は記載の通り、JINSメガネで購入。店舗は南砂店で購入しました。AIRflameという、軽くてフレームの耳にかける部分がしなり、自分にあった感触に調整できます。

ちなみにJINS南砂町店の店員さんは、非常に接客も丁寧で、かつナチュラルな感じか好感を持てました。メガネ屋さんって、店員さんが、やたらと声かけてくるイメージがあるので、とても良かったです。

 

クーポン30%オフでもう1本

JINSメガネはネットショップでの購入に限り、クーポン30%オフが利用出来ます。今回店舗で、5400円(税込)で1本購入したらクーポンが1枚貰えました。

もともと上の子供のメガネが壊された為に購入したのですが、まさかのクーポン30%オフゲット。しかしこれが期限付きでした。。

しかも2週間から3週間程度しか利用期限がないという厳しい縛りがあるのです。これにはちょっと悩みましたが、5400円の30%オフとなると4000円弱で購入できてしまう。

これは買わないわけには行かない!(完全にJINSメガネの戦略にハマる僕)

ちなみにメルカリなどで、このクーポンが300円で販売してます。

というわけで、下の子供のメガネをJIN’s オンラインショップで購入。

しかしここでも少し手間がかかります。

いっくら30%オフのクーポンがあったとしても、ネットショップでメガネを買うということに対して、「あれ?何か変じゃない??」って思いませんか。

 

処方されたデータが必要です

そうです、オンラインショップとはいえ、メガネはやはり人の大切な目につけるものであり、適当な度数でメガネが作れる訳ではありません。(適当にも作れませんが。。)

そこで必要なのが、メガネの処方されたデータになります。

JINSメガネの店舗で診察してもらい、メガネを購入した人なら、ちゃんとデータが貰えるので万が一、次メガネが壊れたり、壊されたりした場合は、オンラインショップで購入することも簡単なんです。

しかしそうでない方はどうするのか?

やはり先ずは店舗に行く必要があるのか?

答えは ノー!

先ずは大前提として、過去に別の店で診断された処方があれば、JINSのオンラインショップで買えます。

メガネの処方は基本的に、どこも同じなので、余程古いデータでなければ問題ないでしょう。

しかし、視力低下によるメガネの買い替えの場合は、やはり店舗に行き、ちゃんと診察してもらった方が、絶対にいいですね。

JIN’s オンラインショップ

Zoffオンラインショップ

最後に

Zoffメガネは購入したことがないので、詳しくは記載してませんがJINS同様、格安メガネ量販店であることは、疑いの余地なしです。

壊れる、壊される子供用のメガネ

家計に優しく且つ、レンズは特に問題なし。フレームの質感は確かに、安かろう悪かろう感が多少匂いますが、それでもこれまで、2万弱していたメガネが、5千円代で、購入出来るとなると、やはりJINSメガネとZoffメガネ以外に、子供用メガネを選択する理由がないですね。

コメント