糖質制限で薄毛が治るの?

健康志向

ハゲ対策の一つとして糖質制限に注目が集まっています。

しかし興味がある人でも、糖質制限と毛髪の関係について詳しく知らないケースが見受けられます。

それを正しく理解しようとするなら、まず体に対する糖質の役割を知る必要があります。

スポンサーリンク

糖質の役割って何?

糖質が腸で吸収されることによって血糖が増加します。

血糖が多すぎる状態になると、他の成分にも影響を及ぼすようになるので警戒が必要です。

たんぱく質にまとわりついて、好ましくない物質を生み出してしまうのです。

血糖が多い場合は血液がどろどろの状態になりやすいことは有名です。

ただでさえ血行に悪影響があるのに、生み出された物質は追い打ちをかけてしまいます。血管の内部にある細胞にダメージを与えてしまうのです。

このように糖質を多く摂取することは、血液の循環を阻害する要因になりやすいです。血液には栄養を運ぶという重要な役割があります。

 

血が薄毛の原因

つまり血行が悪くなってしまうと、体中の細胞の活動に影響が出ます。毛髪を生み出す細胞も例外ではありません。

細胞分裂を行うエネルギーが不足するので、毛髪が増えなくなる事態が起こっても不思議ではないです。そのような状況に陥る前に、血糖が増えすぎないように糖質制限をするのが良いと言われてます。

血液がきれいな状態に戻れば、血流も良くなって栄養が毛髪に供給されやすくなります。

ただし何も考えずに糖質制限をするのは良くありません。効果が現れないだけでなく、逆に毛髪が減ってしまう恐れもあるからです。

 

糖質だけを減らす工夫が必要

血流が良くなったとしても、送られる栄養が不足していては意味がないです。糖質を減らそうとして、食事の量を少なくする手段を選ぶことがあります。

その影響により、たんぱく質などの毛髪にとって重要な栄養まで減ってしまいがちです。そうならないように糖質だけを減らす工夫をすることが重要です。

つまり糖質が少ないだけでなく、毛髪を育てるのに有効な栄養が多いメニューを選ぶように心がけましょう。

コメント